第127回吉崎海岸清掃事業 活動報告 | 楠まちづくりコミュニティー

私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

第127回吉崎海岸清掃事業 活動報告

7月7日(日)曇り空 定期清掃行いました

コンテナ広場に集合して、東屋で受付を済ませていただき、いつものように作業前のご挨拶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海岸はここのところの嵐のせいで大量のゴミが波打ち際に打ち上げられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな砂浜ですが端まで歩くとほど良い運動になります。話をしながらゴミ拾い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外来種植物除去作業のターゲットは今月もアメリカネナシカズラ。ひと月のうちにまたあちこちに繁殖してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海浜植物に寄生して広がる厄介者です。寄生されたハマゴウの枝ごと駆除します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袋に詰めたごみや草は毎月翌日回収されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業のあとチェーンソーアートの実演がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンソーはいろんな種類を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢湾のスナメリの完成!

みんな近づいて彫り上がりの感触を確かめていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の海岸清掃は8月4日(日)朝8時からです

磯津漁港南側突堤付近のウミガメの描かれたコンテナ倉庫が目印です。

駐車場、仮設トイレ有ります。

皆さんの参加ご協力をお待ちしています。

 

吉崎海岸清掃事業は四日市市の委託事業です。楠地区まちづくり検討委員会が四日市ウミガメ保存会と協働で行っています。清掃回数は委託事業が始まる前のウミガメ保存会さんの回数から起算しています。この活動報告は次回予告を兼ねて毎月中旬に更新しています。