私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

地区防災マップ

 

津波ハザードマップ 浸水想定・津波避難ビル配地図

津波ハザードマップ 浸水想定・津波避難ビル配地図

防災マップをダウンロード

防災マップのPDF版はこちらからダウンロードできます

国土交通省資料:鈴鹿川家屋倒壊氾濫想定区域図 H28作成

家屋倒壊等氾濫想定区域図 (氾濫流) 鈴鹿川流域の6時間総雨量 391mm

  • この図は、鈴鹿川水系鈴鹿川・鈴鹿川派川の洪水予報区間について、家屋倒壊等をもたらすような氾濫の発生が想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を表示した図面です。
  • この家屋倒壊等氾濫想定区域は、公表時点の鈴鹿川・鈴鹿川派川の河道の整備状況を勘案して、想定し得る最大規模の降雨に伴う洪水により鈴鹿川・鈴鹿川派川の河岸の侵食幅を予測したものです。
  • 作成主体 国土交通省中部地方整備局 三重河川国道事務所
  • 公表年月日 平成28年6月3日
  • 算出の前提となる降雨 鈴鹿川流域の6時間総雨量 391mm

洪水浸水想定区域図 【想定最大規模】 鈴鹿川流域6時間総雨量391mm

洪水浸水想定区域図 【想定最大規模】 鈴鹿川流域6時間総雨量391mm

  • この洪水浸水想定区域図は指定時点の鈴鹿川・鈴鹿川派川の河道の整備状況を勘案して、想定し得る最大規模の降雨に伴う洪水により鈴鹿川・鈴鹿川派川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したものです。

  • なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮していませんので、この洪水浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

  • 作成主体 国土交通省中部地方整備局 三重河川国道事務所

  • 指定年月日 作成28年5月31日

  • 指定の前提となる降雨 鈴鹿川流域の6時間総雨量 391mm

洪水浸水想定区域図 【想定計画規模】 鈴鹿川流域6時間総雨量268mm

洪水浸水想定区域図 【想定計画規模】 鈴鹿川流域6時間総雨量268mm

  • この図は、鈴鹿川水系鈴鹿川・鈴鹿川派川の洪水予報区間について、水防法の規定に基づき計画降雨により浸水が想定される区域、浸水した場合に想定される水深を表示した図面です。

  • この洪水浸水想定区域図は、指定時点の 鈴鹿川・鈴鹿川派川の河道の整備状況を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる年超過確率1/150(毎年、1年間にその規模を超える洪水が発生する確率が1/150(0.7%))の降雨に伴う洪水により鈴鹿川・鈴鹿川派川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したものです。

  • なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮していませんので、この浸水が想定される区域以外の区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

  • 作成主体 国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所

  • 指定年月日 平成28年5月31日

  • 指定の前提となる降雨 鈴鹿川流域の6時間総雨量268mm

鈴鹿川堤防が決壊した場合の浸水想定区域図 【国土交通省発表】

数十年や100年に一度の大雨などで、いろいろな場所が決壊し、はん濫した場合、どのくらいの深さまで浸水する危険性があるか「市町村概況(浸水想定区域図)」国土交通省より

鈴鹿川堤防が決壊した場合の浸水想定区域図

水害ハザードマップ 鈴鹿川堤防決壊した場合 【四日市市発表】

水害ハザードマップに表示する浸水区域は、四日市市域を流れる1級河川鈴鹿川の堤防が決壊した場合のものです。(概ね150年に1回)

水害ハザードマップ 鈴鹿川堤防決壊した場合

 

 

鈴鹿川ライブカメラ

鈴鹿川水系の地点カメラおよび水位状況を確認いただけます。 国土交通省中部地方警備局HPへリンクします。

鈴鹿川水系ライブカメラ

 

地震防災マップ

南海トラフ(過去最大クラス)液状化危険予測

南海トラフ(過去最大クラス)液状化危険予測

養老-桑名-四日市断層帯液状化危険予測

養老-桑名-四日市断層帯液状化危険予測

南海トラフ地震震度予測

南海トラフ地震震度予測

養老-桑名-四日市断層帯震度予測

養老-桑名-四日市断層帯震度予測

建物被害(全壊)~想定地震、地域間での比較~

陸地の活断層を震源とする地震が発生した場合、地域によっては、理論上最大クラスの南海トラフ地震を上回る建物被害が発生する様相も想定される。

三重県北部の断層図

項目 全壊・消失棟数
三重県 南海トラフ
(過去最大)
三重県 南海トラフ
(理論上最大)
養老ー桑名ー
四日市断層帯
布引山地東緑
断層帯(東部)
頓宮断層
揺れ 約23,000 約170,000 約96,000 約65,000 約4,700
液状化 約5,900 約6,200 約5,500 約5,900 約3,900
津波 約38,000 約37,000 なし なし なし
急傾斜地等 約700 約1,100 約400 約500 約200
火災 約2,100 約34,000 約19,000 約22,000 約70
約70,000 約248,000 約120,000 約93,000 約8,900

 

 

連絡先

四日市市楠町北五味塚2060-72
楠地区市民センター内 楠地区団体事務局内 TEL:059-398-3121