2018年7月1日(日)第115回 吉崎海岸清掃活動報告 | 楠まちづくりコミュニティー

私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

2018年7月1日(日)第115回 吉崎海岸清掃活動報告

7月1日(日)第115回 吉崎海岸清掃事業 活動報告 

 

ごみの少ない砂浜を保って、ウミガメの上陸を!

 

 

 7月1日(日)梅雨の晴れ間の中、吉崎海岸清掃は行われました。潮風は強く、帽子が吹き飛ぶほどでした。

今回も多くの楠町内をはじめ近隣の市民の協力により、流木運び、外来種駆除作業、吉崎海岸のゴミ拾いと広範囲において海岸清掃ができました。

 

今回の学習会はウミガメネットワークの米川さん!手作りのウミガメの紙芝居や希少なウミガメの標本を見ながら、米川さんの熱心な話しぶりに多くの参加者が聞き入りました。

 

外来種駆除作業中、海岸では「ハマナデシコ」を教えていただきましたが、清掃、学習会後には赤嶺先生のもと数人は鈴鹿川派川へ移動し「カワラナデシコ」を見てきました。工事によって絶滅しそうだったカワラナデシコを現場作業員の方が同じような環境を作りそこに移殖して残してくれたのだそうです。現在は大変お目にかかりにくい場所ではありますが、機会があればみなさんぜひ足を運んで見てください。カワラナデシコの群落、見る価値ありです♪

 

   先日の雨で吉崎海岸にも大量の流木が押し寄せています!!

   皆さんの参加ご協力よろしくお願いいたします。

 

   来月の第116回の吉崎海岸清掃は8月5日(日)8:00~

   場所は磯津漁港の灯台のある南側突堤付近が集合場所です。

   

  

 
今回は流木から


大小さまざまな流木

 
社会づくり推進協議会会長も


砂浜からはリアカーで

 
赤嶺先生による外来種駆除の説明


外来植物のアメリカネナシカズラ ラーメンのよう

 
みなさん一生懸命です


外来種を覚えて一生懸命に駆除作業

 
ゆっくりゴミ拾い、小さいお子さんもできますよ


どんどんきれいになっていく砂浜

 
米川さんによるウミガメのお話し


ウミガメの卵の見本

 
希少なサンプル


大きくなれなかったウミガメの子

 
ユーモアたっぷり


話しぶりに聞き入ります

 
鈴鹿川派川のカワラナデシコ


素敵です