私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

6月30日(土)、田んぼアート見学会が開催されました!

田んぼアート 見学会を開催!

 田んぼアート事業は2年間休止後、本年四日市市の委託を受けて復活することができました。

5月6日(日)の位置出し作業、そして5月12日(土)の田植え体験会によって植えられた稲はすくすくと育ち、「H30くす(こにゅうどうくん)四日市」の絵柄がくっきり見えるようなってきました。

 そこで6月30日(土)、田んぼアート見学会が開催されました。

当日、関係者は朝早く準備にかかり、テント張り、かき氷機、高所作業車等の準備行い、見学者をお迎えしました。見学時間9:00~15:00の間に200名近い親子を迎えることができました。

こどもたちは、ヘルメットと安全ベルト着用で緊張とともに高所から見る田んぼアートと楠地区の景観に歓声をあげておりました。

 次回は、9月15日(土)稲刈り(色付け部分)となります。多くの方の参加をお願いします。

朝8時過ぎ現地に集合、準備開始 高所作業車も到着、テント張り開始
ファーストステップさんも応援に駆けつけてくれました。ありがとうございます 準備が一段落したところに、森市長がご多忙の中激励に来てくださいました

市議会議長共々、安全ベルト、ヘルメット着用

していただきます

 

高所作業車に搭乗、いざ上空へ

13mの上空から田んぼアートを鑑賞いただきました 高所作業車下では「こにゅうどうくん」も激励に駆けつけてくれました
さあ、子どもたちの搭乗の番です。安全ベルト、ヘルメットを着けていざ! 高所作業車が上に伸びるに従い、田んぼアート全体が見えてきます
特急が来ました。乗客も見てくれたでしょうか? テントでは次の見学者の受付を行っています
テントではかき氷のサービスも始まりました 市民センター館長もようやくひといき入れております

13m上空から見た田んぼアートです

うまくできましたね!

「こにゅうどうくん」も満足げです
顧問も高所作業車上でホットひといきです 特急しまかぜも祝福してくれています
子ども達は次から次へと楽しんでくれました みのりの里の皆さんも楽しんでいただきました
    こちらも話で盛り上がっています 田んぼのこにゅうどうくんも楽しんでいます