私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

8月5日(日)、鈴鹿川水難救助訓練の報告

 鈴鹿川たんけんクラブは、北楠消防分団、まちづくり検討委員会の協力を得て共催の形で、8月5日(土)鈴鹿川水難救助訓練を実施しました。

 鈴鹿川本川の本郷グランド下から磯津橋下まで約3kmを、手作りカヌー3艘にたんけん員、まちづくり員が乗り込み、先行、後尾を北楠分団のボートに守られて川下りを行いました。

全員が川下りできるよう、近鉄鉄橋下で乗組員の交代を行い、磯津橋を目指しました。

 本郷グランドから近鉄鉄橋まで約1.5kmでは流れの早いところで転覆事故(浅瀬で服が濡れる程度)や、近鉄鉄橋から磯津橋の約1.5kmでは磯津橋に近づくにつれ満ち潮のため舟が進まず、体力を消耗してぐったりの着岸となりました。

 しかし、随所で北楠分団員のきびきびした対応に助けられ、なんとか無事に訓練を終了することができました。最後にみんなでスイカとアイスキャンディーをいただき解散しました。

本郷グランド下、北楠消防分団整列

手前、まちづくり員、たんけん員

いよいよカヌー、ボートの出発です
水深が十分でないので舵取り大変 一列に並ぶのも一苦労です
先を行くカヌーを見守る消防分団員

近鉄鉄橋下で待ち構える後発分団員

ようやく先発隊が見えてきた

鉄橋下には旧鉄橋のガレキが連なり要注意

後発隊員が見守る中、無事通過して乗員交代を行った
まずは小倉橋を目指して櫂を漕ぐ、まだ元気

磯津橋はまだ遠い。ああー疲れる―

満ち潮で流れがなくなったのだ