私たちの楠を私たちの手で! みんなが参加しみんなで作る! 楠地区の情報発信コミュニティーサイトです

くすのき男声合唱団、「初めての演奏会」を開催!

 くすのき男声合唱団は、団ができて6年目の10月13日(土)第一楽器4階のムーシケホールにて第一回にあたる「初めての演奏会」を開催しました。

 楠の地で男声合唱をやりたいと、黒松コーラスの指導者にお願いして「楠ふれあいセンター」を会場に「男声合唱講座」を開催、ここに集まった仲間を核に市内、桑名、亀山、鈴鹿から仲間が集まり、くすのき男声合唱団が産声をあげました。

 合唱経験者、未経験者が半々の状態から、指揮の森やよい先生、ピアノ伴奏の池田寿美子先生の指導を得て、楠地区の行事、ホタルの郷コンサート、文化祭、クリスマスコンサートに出演、経験を積みながら近年では市合唱祭に挑戦、よい経験をさせていただきました。

 そして今年はいよいよ、団単独の演奏会、第1回演奏会を開催しようと、練習に注力、練習日の時間延長、午前・午後の練習そして森先生ご自宅での特訓と練習を積み重ね、本番を迎えることができました。

 初めての演奏会に女声合唱団「Chor.アンサンブル・サルビア」さんに友情出演をお願いし、演奏会が華やかで楽しめる形となり、観客の皆さんにはご満足いただけたのではないかと思っています。

ムーシケホールに観客集まり中 暗めの舞台で男声合唱曲「雨」でしっとりと幕開けです
第1部、演奏開始です。司会者挨拶 男声合唱組曲「蔵王」より3曲を
「蔵王」より「どっこ沼」 「雪むすめ」、「早春」を
続いて、銀色のベストを重ねて「世界の民謡」を歌いました ピアニストの伴奏に支えられ
第2部、Chor.アンサンブル・サルビアさんの友情出演です。白いドレスが素敵です 女声合唱組曲「IN TERRA PAX」より4曲と
「五つの女声合唱組曲」より1曲、歌われました 合同演奏曲「ふるさと」を歌い上げました
「ゆうぐれせまるそらーにくものきしゃ・

「ぼくのふるさとーここはふるーさーと・

 

第3部は、歌いなれた曲が多いので、団員もリラックスムードです 「遠くへ行きたい」から始まりました
「銀色の道」「酒と泪と男と女」 「遥かな友に」「さびしいカシの木」
「村の鍛冶屋」「箱根八里」 最後にアンコール曲「旅立つ日」で締めくくりました
指導者に花束が贈られ、観客から温かい拍手をいただき閉幕です しばし、観客との交流時間、ほんとうにありがとうございました